鋼管・鋼材・鉄パイプ・角パイプ・丸パイプ・格安販売の名管商会 ブログ

「今年を振り返って“秋”」

2011.12.29 13:19|ブログ

夏の終わりから試験的に始めていた土曜営業を、9月から本格的にスタートしました。
創業以来弊社は土日祝日、お盆や正月もしっかり長めに休む会社だったのですが、
土曜や祝日は営業している会社も多く、
よりスピーディーにお客様に対応できるようにしたいと考え踏み切りました。

韓国鋼管メーカーにて

夏、育児に結構時間をとった分、行けなかった出張をたくさんしました。
韓国、東京、埼玉、静岡、岡山、大阪、京都、東北(宮城や山形)などに行きました。
特に東北では、震災の爪痕を目に焼き付けました。自然の圧倒的な力を痛感しました。

私の文章力では感じ取ったことを言葉にしきれないぐらい意味深い時間でした。
ガレキはまだまだ山積みでしたが、相変わらず東北の人と飲む東北のお酒は旨かったですし、
取引先の方々もいつもどおり実直な物づくりをしていました。
機会があったら近々また訪れたいと思っています。

石巻、11月10日撮影

「今年を振り返って“夏”」

2011.12.26 13:22|日々のこと

6月。ついに中国貿易に着手です。

私は不思議と中国と縁があるようです。

銀行員時代は上海支店で仕事をさせていただきました。
大した業績はあげられませんでしたが、とにかく充実した日々でした。
たどたどしいビジネス英語で懸命に仕事をし、休日にはいろんな所に行き、
すばらしく美味しい中華料理もたくさん食べました。
私の偏狭な価値観を広げてくれたと思いますし、若い頃に行けてよかったです。

昨年は、中国人女性を営業として採用することができました。
別に中国人を狙ったわけではありませんが、
数多くいただいた応募者(もちろんほとんどが日本人)の中で光っていたわけです。
そして期待通り頑張ってくれ、アンテナ支線の輸入にこぎつけることができました。
再び、中国関係の仕事開始です!

この仕事のおかげで、偉大なる中国人との出会いもありました。
例えば、国の機関で金属材料の研究する賀さん。
製品の強度を検査してもらうことが必要だったのですが(SEM検査)、
これを上記の女性社員の友人だということで、現地まで飛行機で駆けつけ無料で引き受けてくれました。
中国をひっぱっていく様な立場でありながら、他人のため時間をさいて動いてくれるなんて、
中国人の懐の深さを感じました。大地の子に感謝です。

そして中国から戻ってしばらくしたころ、長男が生まれました。
6月28日生まれ。私にとって第2子です。

仕事関係の方々にはご報告申し上げず、大変失礼いたしました。
私なりに考えのあったことです。どうぞお許し下さい。

今年の夏は、仕事と息子の育児にあけくれました。
しばらくはあまり飲みにも行けず、付き合いの悪い男になってしまいました。
でも、息子の誕生で私の仕事への意欲はますます高まりました。
単純に、扶養家族が増えたことで責任がズシっと重くなったのもあります。
しかしそれだけじゃなく「いい仕事しないとな」という思いが自然と強くなってきた感じです。

あまり飲みにも行けず(いつの間にかお酒大好きなオッサンになっていた!)、
育児と家事の手伝いで修行のような今年の夏でした。
とにかく、今は一段落してホッとしています。
まだまだこれからですけどね。

「今年を振り返って“春”」

2011.12.20 12:59|ブログ,日々のこと

3月11日、東日本大震災がありました。

東北地方との物流が完全にストップしました。

その日、兵庫県に納入すべき商品があり、山形の出羽工業の佐藤工場長と連絡をとり合い、
お互い仕事を終えてから車で新潟県糸魚川へ向かいました。
そこで真夜中に落ち合い、荷物の引き渡しを受けました。
お互い夕食もとらず車を走らせていたため、インターチェンジ近くのコンビニで食料を買い、
雪の降る駐車場に停めた私の車で一緒に食べました。
結構長時間いろいろ話しましたが、内容はあまり覚えていません。
でもその時、佐藤工場長の顔を見てすごく安心したことは、
昨日のことのように思い出されます。
話の内容なんてなんでもよかったのかもしれません。
ただ佐藤工場長と話していたかったのだと思います。

4月11日、新瑞橋に事務所を移転しました。震災からちょうど1月後のこと。

土曜日営業のきっかけにもなり、弊社の転機となりました。
落ち着くまでに1カ月ほどかかりましたが、今では快適そのものです。
この物件を紹介してくれた㈱正和の神谷常務や、
休み返上で引っ越しをしてくれた社員のおかげで、
名管商会第2幕のスタートをきることができました。