鋼管・鋼材・鉄パイプ・角パイプ・丸パイプ・格安販売の名管商会 ブログ

「土曜営業スタート!」

2011.10.25 08:36|日々のこと

翻訳・通訳に限らず、サービス向上に日々努めていきます。
その一環として、先月からは土曜営業もスタートしました。
多くの会社は土曜日、お休みされていますし、弊社も創業以来ずっと土日祝日は休んでいました。
しかし、一部の会社は土曜日も営業されており、
週明けを待たずに連絡が取れたり配達ができたりすることで、
お客様にとって更に使いやすい会社となれればと思った次第です。
本当のことを言いますと、ずっと以前から土曜営業を始めたかったのです。
でも、あまり社員に負担を強いることはできません。かといって私一人では寂しいですし、
取引先様のゴルフコンペが入ってしまう日も多くあきらめていました。
でも、社員の方から「土曜、営業しましょう」と言ってくれ、スタートすることができました。
ありがたかったです。
社員にはその分、平日に1日休んでもらい、私もできるだけ出勤することにしています。
これからもお客様によいと思うことは、可能な限り何でもやっていきたいと思います。

「鉄屋がなぜ翻訳・通訳を??」

2011.10.24 11:00|日々のこと

弊社のアイデンティティーはもちろん鉄を中心とした商売です。
扱う商品の幅が広がったとしても、そこがゆらぐことはありません。
最近、「翻訳・通訳」を始めた理由を聞かれることがありまして、
私の考えを少し書いてみたいと思います。
まず、弊社の経営理念は“共栄共存”です。
弊社はもちろん、弊社とかかわる方々にも栄えて欲しいのは言うまでもありません。
そのために、弊社ができることが何かないかといつも考えています。
「物づくりの愛知」ですが、国内だけにとどまっていては厳しい状況に追い込まれるのではないか、
と危惧されている会社も少なくないと思います。
しかし、語学力がネックとなってなかなか海外進出できずにいる会社が多いのではないかと思います。
大企業には語学堪能な方がいらっしゃるでしょうが、
中小企業にはそのような方がいないこともあるかと。
少し前までの弊社がそうでした。それに私自身がそうだったのですが、
英語や中国語を勉強してもなかなかマスターできるものではありません。
でも、頼りになる語学ができる人間がいれば、スッと海外ビジネスが進むこともあると思います。
そこで考えました。弊社は小さな会社ですが、面白い人材がいるのです。
昨年採用した営業の石。中国人の女性です。
石はもう長く日本に住んでおり、翻訳・通訳業務の経験も豊富です。
弊社に入社前は大企業のパンフレットや通訳も多数こなしていました。
鉄や金属に対する知識も豊富な工学博士であり、大学でも教えていました。
そんな石ですから、翻訳・通訳で皆様のお役に立つこともあるかと思った次第です。
そして若いころに出会った“mastery for service(奉仕のための修練)”という言葉。
仕事をしていく上で常に念頭にあります。
何かをマスターするのは他の誰かの役に立つため。
そしてマスターの度合いが高ければ高いほど役に立てる、と日々実感しています。
弊社社員が真摯に努力しマスターした語学力や工学的な専門知識が、
どなたかのお役に立つことができれば、こんな嬉しいことはありません。